不動産売却の流れ

不動産売却のスケジュールって、どんな感じになるでしょうか。

1、不動産会社による査定
2、不動産会社の選択
3、不動産会社との契約
4、不動産会社による販売活動
5、購入希望者との交渉
6、重要事項説明・売買契約
7、決済・引渡し
8、確定申告

以上のような流れです。

実際問題、ほぼ不動産会社さん次第で決まってしまいます。
だからこそ不動産会社の選択は重要。

そこで一括査定サイトがとても役に立つのですね!


複数の不動産会社を簡単に比較することができます。

不動産売却の流れ

不動産売却にかかる期間といえば、どれぐらいが一般的なんでしょうか。
やはり3~6ヶ月ぐらいはかかりますね。

規模の大きな物件のやり取りですから、ちゃちゃっと売り買いできるわけではないんですよね。

でも逆に半年以上かかりそうな場合は妥協するか諦めるか決断する必要があると言えそうです。

時間をかけても購入希望者があらわれないということは、なんらかの欠陥があるということです。
それに対して売り出し価格が高ければ、なかなか買い手はあらわれません。

なかなか売れない時は、価格の見直しをするか不動産会社の見直しなどを検討すべきですね。


不動産売却の流れ

不動産売却における「売り出し価格」って何でしょうか。

言葉のとおり「最初に設定する価格」っていうことですね。

ヤフオクじゃなくてメルカリっていうとイメージしやすいかもしれません。

メルカリも自分で値段を設定して売り出しますからねッ。

本当はもっと高くしても売れるかもしれないし、もっと安くしないといつまでも売れない可能性もある。

そういうジレンマを抱えることになります。

なにはともあれ、そういうのを考えるのは不動産会社の仕事です。

売る自信があれば高めの価格を設定しますし、売る自信が弱ければ安めの価格に設定します。

なので査定で高めの価格を提示してくれる不動産会社さんに依頼すると良いかと思います!

不動産売却の流れ

不動産売却に必要な書類ってどんなものがあるのでしょう?

・身分証明書、実印、印鑑証明書、住民票
・登記済権利書または登記識別情報
・固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
・土地測量図・境界確認書
・建築確認済証および検査済証、建築設計図書・工事記録書等
・耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書等
・その他(地盤調査報告書・住宅性能評価書・既存住宅性能評価書等・購入時の契約書・重要事項説明書・販売時のパンフレットや広告等)

などなど。

不動産売却をすることになったら、不動産屋さんに細かく教えてもらって書類を集める必要があります。

それなりに時間がかかるとは思うので、売却を思い立ったらすぐに集め始めたほうが良いでしょうね。

不動産売却の流れ

不動産売却って、どんな流れになるんでしょう?

ある程度イメージできていたほうが気持ちが楽になるかと思います。

情報収集

一括査定

媒介契約

売却

決済

確定申告

ここまでやってひと段落という感じかと思います。

細かいことは不動産屋さんが導いてくれます。

ですから勝負所は、良い不動産屋さんを見つけるところまでだと思います。