家を売る ローン

家を売ったらローンの残りはどうなるのか?

売った後も払い続けるものなのか、というとそういうわけにはいきません。

一般的に、家を売るならローンの残額は一括で完済しなければならないことになってます。

売却によってある程度まとまったお金が入ってきますから、それを使って完済するのが定番の流れ。

でもそれでも完済できないとなると、売却自体をあきらめなければならないか、もしくは任意売却とか債務整理などの手段をとることなります。

こうなってくるともう素人には手に負えないので、なるはやで弁護士さんなどに相談したほうがいいですッ。

家を売る ローン

ローン残ってる家を売ることって多いのでしょうか?

けっして珍しい話ではないと思います。

もちろん一軒家を買う時というのは、自分の城を持つという感覚で「終の棲家」として一生暮らすつもりで買う人が多いです。

でも人生は予想外のことが起こりますから、急に引っ越しをすることになるような事情もありえます。

ローンが払い終わってない状態で、別の家を買い換えることになるケースも十分にありえるでしょう。

家を売る場合、基本的にローンの残額は一括で返済する必要があります。

払いきれない場合は、「買い換えローン」というものが組めないかどうか銀行と相談するしかないでしょうね~~。

家を売る ローン

ローンの残っている家は売るべきじゃないんでしょうか?

そんなことはありません。

人生にはもっと大事なことがあります。

一昔前は何でも耐えることが美徳とされるような風潮がありましたが、今は「命を落とすぐらいなら逃げるが勝ち」というのがベストと言われる時代です。

たとえば
・息子さんがイジメで悩んでいる
・奥さんがご近所トラブルでノイローゼ気味
・職場が合わないから転職したい
などなど。

もし仮に、引っ越しをするべき状況にあるなら迷わず引っ越すべきでしょう。

ローンが残っているとかそんなことは、命と比べれば些細な問題です!

家を売る ローン

ローンの支払い中に家を売るとしたら、どのような注意点があるのでしょう?

ローンが残っている家を売る場合、引渡しの際に残っているローンの全額を一括で返済することになります。

手元にまとまったお金がないと、一括返済は難しいッ。

でも家を売る際に手に入るキャッシュも返済にまわすことができます。

当たり前といえば当たり前ですけどね。

でも順序が入れ替わっているのでややこしいですね。信用をもとにした取引という感じでしょうか。

なのでだいたい、ちゃんと返済できることのほうが多いです!

家を売る ローン

ローンの残った家を売ることができるのか?

これに関して気になる人が非常に多いようです。

「家を売ったほうが良いかも。。。」

「でもあなた、ローンが残ってるのよ。」

そんな夫婦の会話もよく耳にしますね。

あたかもローンが残っていたら家が売れないかのようなニュアンスに聞こえます。

でも売ったほうが良い理由があるなら、それは売ったほうが良いです!

人はあまり動きたがらない生き物なので、どうしても言い訳を探してしまいがち。

そんな時にちょうどいい言い訳として、ローンが目につきやすいだけです。

でもローンが残っていることは家を売れない言い訳にはなりませんッ。

売りたいと思ったら売る。それが正解です。


家を売る ローン

家を売るとき、ローンの残りはどうなるのか。

もちろん返済しなければなりませんね。

ローンの残りを新たな持ち主になすりつけるわけにはいきませんから。

売却をするなら、ローンの残りを一括返済するのが原則となります。

売却で入ってくるキャッシュをあてにしても大丈夫です。

返済してから売却というのが正しい順序ですが、そのへんの順序に関しては融通を利かせてもらえるようになってるみたいですねッ。

お金を受け取って、それを使ってローン完済して、そして売却契約をするという感じです。

家を売る ローン

アメリカではローンの仕組みや家を売る方法に、日本との違いはあるのでしょうか?

あまり大きな違いはないようです!

やはり仕組みがややこしいので、大部分は不動産のエージェントに頼ることになります。

日本でもまずは不動産屋さんへ相談に行きますから、ほとんど同じですね!

ローンの仕組みもほぼ同じ。

銀行の審査を受けてローンがどれぐらい組めるか交渉になります。

不動産のやり取りは、どこの国もおなじような仕組みになるものなんですね!

家を売る ローン

家をローンの途中で売ることはできるのでしょうか?

できます!

ローンの途中でも家を売却することによって、まとまったお金が入ってきますね。

そのお金を使ってローンの残額を支払えば良いのです。

ただし!

ローンの残額を一括で支払いきれないとなると話は変わります。

ローンの途中でも家が売れるというのは、「完済」が条件なのです。

売ったあともローンを払い続ければいい、というわけにはいかないのです。

「買い換えローン」という方法もありますが、それが許されるかどうか銀行と相談が必要ですね。

家を売る ローン

家を売るとなったら、気になるのはローン残高。

ローンが残っていたら家を売ってはいけないのでしょうか?

そんなことはありませんッ。

売却すればまとまったお金が入ってきますね。

そのお金を使ってローン残高を完済できれば、それでOK!

でも、そのお金を使っても完済できなさそう。。。となると売却は難しい。これが現実です。

(↑ まあ、レアケースですけど)

「買い換えローン」という救いの手が差し伸べられることもありますけど、基本的には難しいと考えておいて間違いないですね。

家を売る ローン

ローンが残ってる家を売るには?

もちろん、そういうパターンは多いです。

売るからにはローンは残額すべて払い切らないといけません。

すべて払い切るにはまとまったお金が必要で、まとまったお金を得るためには先に売ったお金をもらわないといけないという。。。

ちょっと時空の歪んだトリックプレイが必要。

その辺は不動産屋さんがうまいことやってくれるので、あまり心配いりません。

大事なことは、良い不動産屋さんと出会っておくことですね。