家 売る時

家を売るのに適した時期ってあるんでしょうか?

一般的には築年数10年から20年の間が良いと言われています!

20年をすぎると、もう建物自体の価値はゼロになってしまうので特に考える必要はないかも。

となれば時期を考えるのは築年数10年から20年の間。

とは言え、家を売りたくなる原因というのは時期に左右されず、いつ訪れるか分かりません。

売りたくなった時が売りどき。それが大原則で、時期を待っていたらベストタイミングを逃してしまいますッ。

家 売る時

家を売却する際、不動産屋さんに鍵を渡すことに抵抗を感じる人は少なくないようです。

ですが、鍵を預けておくほうが話が進めやすいのが事実。

というのも、家を買おうかどうか検討中の方が内見してみたいという時に、すぐに見てもらうためには不動産屋さんが鍵を持っておくのがベストだから。

なので家具・家財などは早めに撤去して、清掃も済ませて、いつでも見てもらえる状態にしておくことが大切ですねッ。

貴重品もない状態にしておけば、安心して鍵を預けられます。

内見のたびにいちいち連絡をよこせ、などと要求すると仕事が遅れて売却も遅れる恐れもありますから、あまりオススメしません。

家 売る時

家を売る時って手数料がかかるんでしょうか?

もちろん、かかります。

自力で何もかもできるわけじゃありませんからね。

お世話になる不動産屋さんに、きちんと手数料を払わなければなりません。

では、どれくらい?

一般的に400万円を超える取引では
「売買価格の3%+6万円+消費税」
という感じです!

不動産屋さんはこれで生計を立てているわけですからね。これぐらいかかっても仕方ありません。

家 売る時

家 売る時に必要なものってなんでしょう?

いざとなると準備がバタバタしてしまうので、そろえるものはそろえておきたいですね!

・身分証明書
・実印
・印鑑証明書
・住民票(登記上の住所と売主の現住所が異なる場合)
・登記済権利書、または登記識別情報
・固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
・ローン残高証明書、またはローン返済予定表
・銀行口座書類
・土地測量図・境界確認書(一戸建てや土地の売買の場合)
・建築確認済証、および検査済証(場合によって必要)
・建築設計図書・工事記録書等(場合によって必要)
・管理規約、または使用細則など(マンションの場合)
・維持費等の書類(マンションの場合。管理費、修繕積立金、管理組合費、町内会費、等)
・耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書等(場合によって必要)
・地盤調査報告書・住宅性能評価書・既存住宅性能評価書等 売主が保有している証明書等
・購入時の契約書・重要事項説明書等
・パンフレットおよび広告資料(あれば)

などなど。

いや~これはあらかじめかき集めておかないと大変ですねッ。


家 売る時

そうだ、家を売ろう。

そういうことになれば、おおまかな流れを知りたいですね。

家を売る流れってどんな感じでしょう?
・売却計画を立てる
・査定を行う
・売却の準備をする
・選んだ不動産会社と媒介契約を締結する
・売却活動を行う
・売買契約を締結する
・引渡を行う
・確定申告を行う
こんな感じが一般的。

と言っても難しいことは不動産屋さんがリードしてくれます。

一般人にとって家を売る流れは「不動産屋さん選び」でほぼ完了します。

そうだ、家を売ろう。

そう思ったらまず、一括査定サイトで複数の見積もりを取り寄せましょう。

家 売る時

家を売る理由として、離婚が関係している場合もあるんでしょうね。

離婚が決まる。

家は譲れない

家を売ってお金を分ける

という流れでしょうか?

もしくはローンの押し付け合いとか?

なにはともあれ、離婚したあとに家を持ち続ける理由のほうが珍しいかもしれません。

白紙に戻すという意味でも、売ってしまったほうが良いんでしょうね。

家 売る時

家を売るにはベストなタイミングがあるのでしょうか?

詳しい人に聞けば、「こういう時期が狙い目だ!」とかいろいろとウンチクを語ってくれると思います。

でも、一般人が家を売るときにいちいちタイミングを気にするべきかどうか、それはちょっと疑問です。

投資目的じゃないんだし、シロートがタイミングをうかがっていてもベストなタイミングなんてどうせつかめるもんじゃありません。

売りたいときが売りどき。

本当にもったいないのはお金ではなく時間です。

やれることはやれるうちに済ませておく。

ベストなタイミングはつねに「今でしょ!」だと思います。

家 売る時

家を売る時ってどんな時でしょう?

・老朽化
・遺産相続
・引っ越し
などなど。

人それぞれいろんな事情があるでしょう。

一般人にとって一生に一度あるかないかという一大イベントですね。

だからこそ失敗だけはしたくない。

とは言え体力にも限界があるので、早めに解決したい問題でもあります。

一括査定なら効率的に業者を選択できるのでとても便利です。