不動産売却 税金

不動産売却に消費税はかかるのでしょうか。
基本的に売却自体には消費税はかからないと考えておいて問題ないと思います。

個人が不動産を売却するとなれば課税事業者とみなされないからですね。
ただし不動産会社は課税事業者なので仲介手数料には消費税がかかります。

一般的な買い物と同じように、消費税はいつの間にか課税されて払っているものなのでたいして気にしなくても良いかもしれませんね。

個人ではなく課税事業者が不動産を売却するとなると消費税を含めて購入者に支払ってもらって、それを国に収めることになります。

不動産売却

不動産売却にはどれぐらいの経費がかかるものなんでしょうか。

たとえば
・不動産会社への仲介手数料
・譲渡税(所得税・住民税)
・登記費用(抵当権抹消登記費用、司法書士費用)
・売買契約書への印紙代
・引越し費用
などなど。

なかなかのまとまったお金が必要となります。
とは言え、売却によって入るお金も当てになるものなので「貯金が貯まるまで売却できないッ」なんていう事態にはならないと思います。


不動産売却

不動産売却における仲介手数料ってどんなものなんでしょう?

不動産は誰でも売買できるものではありません。

ブックオフで本を売り買いするのとはちょっと違います。

資格を持った不動産会社に仲介してもらう必要があるのです。

不動産仲介業者さんはその仲介手数料を得て成り立つお仕事なんですね。

仲介手数料は法律で上限が決められています。

ですから専門性を利用して暴利を得る悪徳業者のようなものは存在しないので安心して利用できますッ。

不動産売却

不動産売却にかかる費用ってどんなもんでしょう?

代表的なものは仲介手数料ですね。

不動産屋さんに支払うものなのですが、これは成果に合わせて支払うものだし法律で上限も決められているので取られすぎる心配はありません。

予定も立てやすいですねッ。

その他では
・印紙税
・抵当権抹消費用
・ローンを一括返済するための金融機関への手数料
・譲渡所得税・住民税・復興特別所得税
などなど。

細々とした費用が発生するので、なにかと余裕を持って備えておく必要はあると思います!

家 売る

家を売る手数料ってどんなもんなのでしょう?

家を売る際には不動産屋さんに仲介手数料を払う必要があります。

手数料は好き勝手に決めることができるわけではなく、法律できちんと上限が決められています。

やっぱり専門性が高い業界なので、消費者が損をしないように保護してくれているんでしょう。

売買価格によって上限が決まっています。

・200万円以下
→取引額の5%以内+6万円+消費税

・200万円超400万円以下
→取引額の4%以内+6万円+消費税

・400万円超
→取引額の3%以内+6万円+消費税

以上のような感じです!