不動産売却の流れ

不動産売却のスケジュールって、どんな感じになるでしょうか。

1、不動産会社による査定
2、不動産会社の選択
3、不動産会社との契約
4、不動産会社による販売活動
5、購入希望者との交渉
6、重要事項説明・売買契約
7、決済・引渡し
8、確定申告

以上のような流れです。

実際問題、ほぼ不動産会社さん次第で決まってしまいます。
だからこそ不動産会社の選択は重要。

そこで一括査定サイトがとても役に立つのですね!


複数の不動産会社を簡単に比較することができます。


不動産売却 税金

不動産を売却したら固定資産税はどんな感じになるのでしょう?
固定資産税は、あくまで1月1日の時点の所有者が支払うことになります。

とは言え、1年間の途中で売却し所有者が変わっているのに、1年分まるまる固定資産税を支払うというのはさすがに納得いかないものです。

ですから慣習として、売却した時点から年末までの分の固定資産税を日割り計算して購入者の方に負担してもらうことが多いようです。

あくまで税法上の手続きではなく、不動産契約上の手続きとしてそのようなやり取りになるんですねッ。

家 売る 方法

家を売る際の契約書ってどんな感じなんでしょう?

不動産屋さんとのやりとりで契約書はなくてはならないものですね。

不動産会社が一方的に有利な契約を結ばないように、宅地建物取引業法で一定の制限が設けられているので、知識が少なくてもある程度は心配いりません。

あなたが商売人じゃなくて一般人なら、契約書の重要な項目は理解できるまで説明してもらえますし、理解できてなかった部分については後で無効を主張できます。

あくまで一般人は保護されるように出来ているので、ある程度は安心ですね。