不動産売却の流れ

不動産売却のスケジュールって、どんな感じになるでしょうか。

1、不動産会社による査定
2、不動産会社の選択
3、不動産会社との契約
4、不動産会社による販売活動
5、購入希望者との交渉
6、重要事項説明・売買契約
7、決済・引渡し
8、確定申告

以上のような流れです。

実際問題、ほぼ不動産会社さん次第で決まってしまいます。
だからこそ不動産会社の選択は重要。

そこで一括査定サイトがとても役に立つのですね!


複数の不動産会社を簡単に比較することができます。

不動産売却

不動産売却をする上では、まずは不動産会社さんに査定してもらうことになります。
この査定は「これぐらいの価格で買ってくれるお客様を見つけます」という宣言のようにも見えます。

ですから、査定の依頼は複数の不動産会社さんに同時にするほうが良いと思います。
不動産会社ごとに査定額は違ってきますからね。

そこで便利なのが一括査定サイトです。

複数の不動産会社から査定を出してもらって、じっくり比較検討するのがベストだと思います。

不動産売却の流れ

不動産売却における「売り出し価格」って何でしょうか。

言葉のとおり「最初に設定する価格」っていうことですね。

ヤフオクじゃなくてメルカリっていうとイメージしやすいかもしれません。

メルカリも自分で値段を設定して売り出しますからねッ。

本当はもっと高くしても売れるかもしれないし、もっと安くしないといつまでも売れない可能性もある。

そういうジレンマを抱えることになります。

なにはともあれ、そういうのを考えるのは不動産会社の仕事です。

売る自信があれば高めの価格を設定しますし、売る自信が弱ければ安めの価格に設定します。

なので査定で高めの価格を提示してくれる不動産会社さんに依頼すると良いかと思います!


家 売る 相場

やっぱり、家を売るとなると築年数は大きな要素となります!

家がいくらで売れるのか査定で決まるわけですが、その査定の際に築年数が関わってくるのです。

ちなみに築25年以上の戸建ては建物の価値としてはゼロの「古家(ふるや)」として扱われると考えておいて、ほぼ間違いないようです。

あまりに古い家は期待しないほうが良さそうですね。

むしろ解体費用とか掛かっちゃうから、引き取ってもらえるだけでもありがたいと考えるべきかも。

家 売る時

そうだ、家を売ろう。

そういうことになれば、おおまかな流れを知りたいですね。

家を売る流れってどんな感じでしょう?
・売却計画を立てる
・査定を行う
・売却の準備をする
・選んだ不動産会社と媒介契約を締結する
・売却活動を行う
・売買契約を締結する
・引渡を行う
・確定申告を行う
こんな感じが一般的。

と言っても難しいことは不動産屋さんがリードしてくれます。

一般人にとって家を売る流れは「不動産屋さん選び」でほぼ完了します。

そうだ、家を売ろう。

そう思ったらまず、一括査定サイトで複数の見積もりを取り寄せましょう。

家 売る 相場

家を売ろうということになれば、まず気になるのは「いくらぐらいなの?」ということ。

これぐらいの立地でこれぐらいの建物なら、相場はこれくらい。

という感じで相場を知りたいものです。

それくらい簡単に相場を知りたければ、やはり一括査定ですね。

一括査定なら、複数社からの査定結果を簡単に比較することができます。