不動産売却 税金

不動産売却における確定申告では、どのような項目を経費として申告できるのでしょうか。

たとえば
・仲介手数料
・売主が負担した印紙税
・借家人に支払った立退料
・建物取り壊し費用と建物の損失額
・乗り換え時の違約金
・名義書換料
などなど。

不動産をより高く売るために要した費用であれば基本的に申告できると考えられます。

とは言え、住居用の不動産は特別控除などもありますので、あまり深く悩む必要もありません。
一方、ビジネス用とか投資用の不動産であれば、特別控除はありませんが税理士さんに相談すればうまくやってもらえます。

不動産売却 税金

不動産売却にともなう税金は、なにか対策を打つことができるのでしょうか?

一般人が住居用の不動産を売却した場合、まず減価償却などをしてないので売却益が出るとは考えにくいです。

売却益が出たとしても、住居用の不動産の売却所得には3,000万円の特別控除があるので、売却所得はゼロになることが多いです。

なので住居用の場合はほとんど税金対策は必要ないと思います。

一方、投資目的の不動産やビジネス目的の不動産の場合、特別控除は発生しません。

税金対策は税理士さんと相談した上で、法律に則った形で練ると良いでしょうね!


不動産売却 税金

不動産売却益にかかる税金はどんな計算になるのでしょう?

税金は「所得」に対して課せられます。

不動産の場合は「譲渡所得」
=「売った価格」
-「買った価格」
-「買った時の費用」
-「売った時の費用」

さらに住居用の不動産に関しては特別控除として3,000万円を引いて計算します。

それでも「譲渡所得」がプラスになるというのは、かなりのレアケース。だいたい多くの場合は税金はゼロになると思います。

住居用じゃなく投資用とかビジネス関連の不動産だと売却時の所得がプラスになることもあるので、そういう場合は専門家である税理士さんにお願いするのが確実でしょう。

家 売る 税金

不動産売却の確定申告はどうしたらよいのでしょう?

住居用の家やマンションを売却した場合、3000万円の特別控除があるので税金を支払う必要は、ほぼないと思います。

それでも確定申告はする必要があります。節税に繋がる場合もありますから。

この場合、決まった場所に決まった数値を入れていくだけなので、さほど難しくはありません。

ただし、投資目的の不動産やビジネス上の不動産を売却する時は、それなりにややこしい手続きが必要です。

そういう場合はちゃんと税理士さんに相談してやっていったほうが良いでしょう。

家 売る 税金

家や土地を売るとなると、気になるのは税金の問題。

いったいどれぐらい払うことになるんでしょう?

ズバリ、あなたが一般人で今まで住居として使用していただけの家や土地なら、ほぼ心配ありません!

売却による一時所得が3,000万円以内であれば、特別控除によって税金ゼロです。

あくまでも「今まで住居として使用していただけの家や土地なら」です。

あなたが投資家や事業家で、仕事のために持っていた家や土地なら、税金がバッチリかかります。税理士さんとしっかり相談しながら話を進めていきましょう。

もしくは別荘などのように趣味で買った不動産の場合も、この控除は適用されないので気をつけてください。