不動産売却 税金

不動産売却益にかかる税金はどんな計算になるのでしょう?

税金は「所得」に対して課せられます。

不動産の場合は「譲渡所得」
=「売った価格」
-「買った価格」
-「買った時の費用」
-「売った時の費用」

さらに住居用の不動産に関しては特別控除として3,000万円を引いて計算します。

それでも「譲渡所得」がプラスになるというのは、かなりのレアケース。だいたい多くの場合は税金はゼロになると思います。

住居用じゃなく投資用とかビジネス関連の不動産だと売却時の所得がプラスになることもあるので、そういう場合は専門家である税理士さんにお願いするのが確実でしょう。


家 売る 税金

家を売ると税金はいくらになるんでしょう?

ちょっと心配になっちゃいますよねッ。

でも結論から言うと、ほとんど心配しなくても大丈夫です。

住居用に使っていた家を売った場合は、3,000万円の特別控除がありますから。

要は売れた金額から買った時の金額を引いて、さらに売却費用を引いて残った「所得」が3,000万円を超えた場合に限り、税金がかかるということ。

ほとんどありえないかと思いますッ。

家 売る 税金

家を売るとなると、気になるのは税金。

お金が入ってくるわけですから、所得として確定申告しなければならず、そうなれば税金の支払い義務が発生します。

ただし、それはあくまで商売人の話!

一般人が住居として使っていた家を売った場合は「控除」があります。

3,000万円特別控除と言って、家を売った際の所得から3,000万円を差し引いた額に税率をかけて税金を計算すれば良いのです。

3,000万円ですからね。普通に考えて税金ゼロでしょ。

普通の人が家を売っても、だいたい税金の心配をする人がいないのはそういうことですっ。