不動産売却

不動産売却にはどれぐらいの経費がかかるものなんでしょうか。

たとえば
・不動産会社への仲介手数料
・譲渡税(所得税・住民税)
・登記費用(抵当権抹消登記費用、司法書士費用)
・売買契約書への印紙代
・引越し費用
などなど。

なかなかのまとまったお金が必要となります。
とは言え、売却によって入るお金も当てになるものなので「貯金が貯まるまで売却できないッ」なんていう事態にはならないと思います。


不動産売却 税金

不動産売却における確定申告では、どのような項目を経費として申告できるのでしょうか。

たとえば
・仲介手数料
・売主が負担した印紙税
・借家人に支払った立退料
・建物取り壊し費用と建物の損失額
・乗り換え時の違約金
・名義書換料
などなど。

不動産をより高く売るために要した費用であれば基本的に申告できると考えられます。

とは言え、住居用の不動産は特別控除などもありますので、あまり深く悩む必要もありません。
一方、ビジネス用とか投資用の不動産であれば、特別控除はありませんが税理士さんに相談すればうまくやってもらえます。